Introduction

死にたがりの男と四角世界の少女

面倒くさがりが祟って学歴高卒、なんとか入れた会社は倒産、底を知らない転落人生…
生きているのが面倒になった男は、自殺でもしようかと古びたアパートの屋上に足を運んでいた。
いざ飛び降りようとしたとき、少女に「死ぬ前に私と遊んでよ」と話しかけられる。
少女は病気で外に出られず余命いくばくもなく、そのために仕事に追われる母親にも男は歓迎されて…
生と死と社会についてちょっとだけ考えてみたようなそうでもないようなそんな現代もの話。

2012年COMITIA100発行の同人誌作品。本編のみ後日サイト掲載予定。他同人誌にのみおまけ漫画付属。

Character

萩山 京介

元は会社勤めだったが不況の煽りで会社が倒産。
その後女に貢ぎギャンブルで借金し
生きるのが面倒臭くなり古いマンションから飛び降りようとしたところで梨香に呼びとめられる。
最初はいやいや梨香と接していたが次第に心が変わる。

佐倉 梨香

病気で余命いくばくもない少女。
普段は外に出る事が出来ず、家で寝ている。
1日のほんの少しの時間だけ屋上に上ることが許されており、屋上に広がる大きな空を見る事を楽しみにしている。
そんな折、いつも通り屋上へ上がると今にも飛び降りそうな京介を発見し、「どうせ死ぬのなら、その前に、私の遊び相手になってよ」と大胆不敵ともとれる発言をする。
結構わがままなところがある。

Back
TOP > 死にたがりの男と四角世界の少女